简体中文 繁體中文 港澳繁體 台灣正體
0

带感,吉高由里子要演杀人犯了!(图)

8 阅 - - 日本 - 来源:沪江日语
字体: . .

女優吉高由里子(28)が映画「ユリゴコロ」(来年9月公開、熊沢尚人監督)で、5年ぶりに映画に主演することが11月30日、分かった。同作で吉高は初めて殺人者を演じる。主人公の美紗子は、人の死に心のよりどころを見いだし、殺人という行為から逃れられない女性。しかし愛という感情を知ることで苦悩するという複雑な役だ。

据日媒11月30日消息报道,女演员·吉高由里子(28岁)确定主演电影《百合心》(明年9月上映,熊泽尚人执导》,时隔5年担任电影主演。在该片中,吉高首次饰演杀人犯,其演绎的主人公·美纱子是通过人的死亡来寻找心灵慰藉、陷入杀人行为中无法自拔的女性,但她对于了解“爱”这种感情感到苦恼,吉高此次就是演绎如此复杂的角色。



原作は沼田まほかる氏の同名小説。2011年に出版され、2012年に大藪春彦賞受賞、本屋大賞にもノミネートされるなどした話題作。

本片改编自沼田真帆香留原著同名小说。该小说2011年出版,2012年荣获大薮春彦奖,还曾在书店大奖中被提名等,是成为话题的作品。


吉高は「初めて殺人者を演じます。私が演じた美紗子は、なかなか共感しづらい部分もある難しい役でした。久しぶりの映像作品で貴重な経験をさせていただきました。まだ完成した映画を見ていないので、どんな作品になっているか楽しみです」とコメントしている。

吉高评述说,“(此次)我首次饰演杀人犯。我所演绎的美纱子,是有着让人不能轻易获得共鸣之处的难演角色。久违地出演影像作品,让我获得了珍贵的经验。虽然我还没看过电影完成后的样子,但我很期待它会成为怎样的作品”。


吉高の出演部分はすでに撮影を終えており、熊沢監督は「吉高さんの繊細かつ大胆な演技力のおかげで、今までにない、美しくも悲しい殺人者を表現できたと確信しております」と話した。

吉高出演的部分目前已拍摄完毕,熊泽导演表示“多亏吉高既细致又大胆的演技力,我确信影片能呈现出前所未有的‘既美丽又可悲的杀人犯’形象”。


吉高は2014年3~9月に放送された「花子とアン」に出演し、同年のNHK紅白歌合戦の紅組司会を務めた。「花子-」でヒロインを演じきった後、舞台「大逆走」、「レディエント·バーミン」に出演したが、映画、ドラマ出演はなかった。来年1月期は、日本テレビ系「東京タラレバ娘」(水曜午後10時)に主演する。

吉高出演了2014年3~9月播出的《花子与安妮》后,同年担任了NHK红白歌会的红组司会。在《花子与安妮》中演绎女主角后,吉高出演了舞台剧《大逆行》、《Radiant Vermin》,但并未再出演电影、电视剧。明年1月冬季档,她将主演日本电视台系日剧《东京白日梦女》。